ランサーセディア ランサーセディアワゴン/ランサーワゴン(2代目) ランサーフォルティス ランサーイオ グランドランサー 以下のモデルは個別記事を参照。 ランサーセレステ ランサーフィオーレ/ランサーワゴン(初代) ランサーバン/ランサーカーゴ ランサーエボリューション…
64キロバイト (7,281 語) - 2024年4月16日 (火) 00:29



三菱のランサーは、なんと最新型もまだあるんですね!顔面が刷新されてダイナミックになった「“グランド”ランサー」も気になります。

【三菱の「最新型ランサー」、グランドランサーの魅力とは?】の続きを読む

スズキ・スイフトのサムネイル
上のドライバーは出場できない。そのためドライバーの平均年齢は低く、若手の「WRCへの登竜門」的な存在となっている。 スズキおよびスズキスポーツは、JWRCに参戦するために初代スイフト(海外名・イグニス)をベースとした競技車両「イグニス・スーパー1600」を開発。2001年にアジアパシフィックラリー…
155キロバイト (20,459 語) - 2024年5月10日 (金) 22:59



スズキは今後も自社の強みを活かして新たな市場に挑戦していくのか、興味深いです。

【スズキ・スイフトの電動化を選ばなかった背景とは?】の続きを読む

日野・レインボーのサムネイル
PS、MT)もしくはJ07E-TB(同、220 PS、AT)を搭載する。なお、J07E-TC型エンジンは、日産ディーゼル(現:UDトラックス)にも供給され、同時期にモデルチェンジした中型バスJP・RM・RPにも搭載されている。 いすゞ自動車へのOEM供給「エルガJ」としては、KL-HR系に引き続き10…
63キロバイト (8,505 語) - 2024年1月20日 (土) 11:41



MT車は運転の楽しさを味わえる貴重な存在ですね。税金も安くて200万円前後で手に入るとなると、魅力的ですね!

【「100万円台」から手に入る!軽じゃない国産MT車の魅力とは?】の続きを読む

ホンダ・フリードのサムネイル
フリードのデビューと同年に廃止)など、女性向けともいえる可愛らしさを強調した車が多かった同クラスにおいて、こちらは上級ラージミニバンにも通じる男性的なデザインが与えられ、父親でも堂々と乗れる初めてのコンパクトミニバンだったこともあり、ユーザーを問わないフリースタイルのミニバンとして人気を博した。…
61キロバイト (7,361 語) - 2024年5月10日 (金) 23:24



新型のフリードが先行公開されたのは嬉しいニュースですね!サイズ感もちょうどいいコンパクトミニバンとして、使い勝手も良さそうです。気になる新車価格は7万円からとのこと、お手頃価格でもあるので購入を考えてしまいます。

【新型フリードが先行公開!コンパクトミニバンファン注目の最新情報とは?】の続きを読む

三菱自動車工業のサムネイル
三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英: MITSUBISHI MOTORS CORPORATION 略称:MMC)は、日本の自動車メーカー。 2003年にはトラック・バス部門を分社化(三菱
104キロバイト (13,440 語) - 2024年4月19日 (金) 03:34



三菱自動車の地域戦略が注目される中、北米市場が脇役として好調な結果を残すのは注目すべき点だ。今後も北米市場の拡大が継続するかどうかが重要だ。

【三菱自動車、2024年3月期決算で達成した最高益に注目】の続きを読む

このページのトップヘ